人生って何なんだ。

地方在住のアラサー女、ヴォンベルタ霧島の日常。

正月早々、悩みが尽きない。

毎年、正月になると「今年は何か新しく始めるぞ~!」とか思って、ブログやらエクササイズやらを始めるのですが、まぁ1週間続くことなく終わります。

 

今年こそはそんな継続できないオンナを卒業するぞ!!

 

と思って、新たにはてなブログに手を出したヴォンベルタ霧島でございます。

 

 

 

逃げ恥の新春スペシャルを見ました。

 

遂にみくりちゃんと平匡さんとの間に子供が生まれましたね。
いやぁ~、めでたい。おめでとうございます!!!


妊娠前から家庭、仕事の在り方に悩みながらも一歩ずつ前に進んでいく2人の姿をみて、夫婦って良いなぁと憧れの眼差しで観ていました。

 

 

子供産んで子育てしてみたいなぁ…

 

とポツリと呟いたところ、隣にいた姉から

 

いやぁ~、アンタが子供産むなんて。
子供が子供を産んでる感じするから無理っしょ!

 

 

って、胸をえぐられるような突っ込みをいただきました。

 

悔しいけど、否定できないぞ。その発言。



私自身、しっかりしなきゃと思うんです。

思っちゃいるけど、「しっかりする」ってそもそも何!?

 

 

どんな事ができるようになったら、しっかりした人間と言えるのだろうか。

そもそも、そういう事すら分かってない私はしっかりしてないですよね。

 

 

昨年、久々に友達から連絡が来たと思ったら、結婚式に来てって連絡でした。

同じ時間を生きてきたはずなのに、友達は将来の相手を見つけておりました。

 

たしか2年前に会った時は、まだ彼氏は居なかったはずだけど…

私が悶々としている間に、人生を一歩先に進んでおりました。

 

いや、結婚してないから人生進んでないとか思わないけどさ。

 

もうちょっと自分も何か人生に影響するような進展をみせたいです。

 

人生を進展させたいと思いながらも、自分がどうなりたいかも正直よく分かっていないです。(これが、自分がしっかりしていない原因だわ)

 

 

 

 

とあるブログで、いつもつるんでいる友人が年齢を重ねるにつれて、考え方や立ち振る舞いが変わってきてるのに、それに気付かないでいる私が恥ずかしい、という話を読みました。

 

もうね、まさに私です。

 

友人たちは20代で結婚・出産・育児をしている子がいれば、職場で管理職に就いてチームを引っ張る立場になる子もいます。

 

 

ですが、私は社会に出てから何が変わっているんだろう…

って空しくなることがあります。

 

変わってない私を受け入れる環境にずっと甘えて、ぬるま湯に浸ってたって事だと思います。

 

こんなんじゃダメだ。

 

もっと自分を客観視しないといけない。

 

 

もう若くない。

 

 

時代は変わっているのに、私だけ変わってないっていう1人で竜宮城に居るみたいな気分なのはマジで良くない。

 

 

自分の嫌な部分とか苦手な部分と真正面から向き合って、克服しなきゃなんない。

 

 

 

自分を変えるって難しいなぁ。